KAIZEN consulting and produce service
Contact us : info@kai-cp.com

Blog

2016年 新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。
年末年始はなかなかまとまったお休みがとりにくい暦となっておりましたが、正月はいかがお過ごしでしたでしょうか?

さて、少しだけ昨年度を振り返ってみたいと思います。(KAIの振り返りは後ほど)

昨年起こった事故の中で、未然防止/リスクマネジメントの観点でいくつか挙げると、このような事故が発生し、世の中に大きな影響を与えました。

  • 中国広東省深圳市の大規模土砂崩れ
  • フランスの高速鉄道TGV、試運転中の脱線事故
  • 中国天津市の大規模爆発事故
  • 茨城県鬼怒川の大規模洪水災害
  • アメリカコロラド州の鉱山から汚染水流出
  • 北海道苫小牧沖を航行中のフェリー火災事故
  • 調布飛行場離陸直後の小型機墜落事故
  • 中国湖北省長江における大型客船沈没事故
  • 台湾台北市トランスアジア航空旅客機墜落事故
  • テレビ番組収録中のヘリウムガス吸引事故

覚えがあるものもあるかと思います。

これらの中には、発生の予測が難しかったものや予測が容易であるにもかかわらず未然防止活動の不足により発生したもの、発生したインシデントがその後の対応により及ぼす影響の範囲が大きく左右したものなど、実に様々な要因がインシデントに発展したという状況です。

またここでは触れませんが、2014年以前より引きずっている問題も変わらず存在していることから、一度起こしてしまった事故から立ち直ることの難しさについても改めて実感させられることも多かった年であったという当方の印象です。

KAIでは、このような社会に与える影響が大きい事故・インシデントを少しでも減らすべく、2015年も活動してきましたが、振り帰ってみると、このような問題が起こらないようにするという認知定着のための活動が全くもって足りなかったというのが大きな反省点です。

また、別の切り口ですがいくつかの事業を立ち上げてきましたが、事業を拡大させていくための課題がまだまだ多いのが現状です。

そこで、2016年のKAIの活動は以下の活動をさらに強化していきたいと思っています。

  • 事故・インシデントの未然防止・リスクマネジメント定着のための啓蒙活動の強化
  • マーケットインテリジェンスについて、企業内で定着させる活動の強化およびCREATIVE SURVEY Consultant との連携強化
  • Biz特許.com®活動強化の方向性として、学生に対する起業支援の一環として知財を備えたビジネスモデル構築支援の強化

また、地方創生に関する事業や、諸外国との交流事業などにも関われる光栄な機会をいただいております。これらの事業についてもKAIならではの視点で価値創出できるよう努めていきたいと思います。

KAIの2016年は、さらに弊社にしかできない価値創造、価値提供を着実に積み上げていきたいと考えています。

みなさまにとって、2016がさらに豊かで飛躍の一年になることを心より記念しており、そのためにKAIが少しでもお役に立てるよう尽力してまいりたいと存じます。

本年もKAIをどうぞよろしくお願いいたします。

2016年1月

株式会社KAI
代表取締役 古波津 勝彦